興味津々の植毛

今話題の自毛植毛とは

今話題の自毛植毛とは自毛植毛とはその名前の通り"自分自身の毛髪を薄くなった部分に植える"というものです。
これまでにも人工毛を使った植毛というものが存在していました。
しかし、人工の毛髪を移植するということで身体の拒絶反応により移植された人工毛髪が異物と認識され、頭皮に深刻なトラブルを引き起こしてしまい、せっかく移植した人工毛髪をすべて抜去しなくてはならないことも・・・。
しかし、この自毛を使った移植方法「自毛植毛」は自分自身の毛髪なので、そうしたトラブルの心配もなく、確実にまた生えてくる安心・安全な薄毛治療方法なのです。
そうしたことから、薄毛に悩む方たちの最終的な解決方法として話題になっているのです。

自毛植毛と育毛・増毛の違い

自毛植毛と育毛・増毛の違い同じように考えられる傾向にありますが、自毛植毛は育毛・増毛とは根本的に考え方が全く異なります。
育毛とは自分の今ある毛を育てて薄毛を解消しようという方法です。
増毛とは人工毛を「付けて」薄毛をカバーする方法です。
一方自毛植毛は、毛を「付ける」のではなくて「植える」という方法を取ります。
付けるのと植えるのでは施術内容も大きく異なるため、自毛植毛は医療行為にあたり医師のみが行うことが出来るのです。
人工毛を付けるだけでは自分の髪の毛は成長することはありませんが、自毛植毛は自分自身の毛根を移植するので、一度毛が抜けても再度自分の毛とし生えてくるのです。

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリットとデメリット何を行うにも必ずメリットとデメリットが存在します。
自毛植毛にも同じことが言えるため、実際に行う前にそれぞれを確認しておくことが大切です。
メリットとしてあげられるのは、育毛に比べて確実だということです。
自分自身の毛髪を移植するので、皮膚のトラブルなどなく確実にまた生えてきます。
そしてなにより自分自身の髪の毛なので、かつらや増毛法に比べ自然だということ。
また、人工毛による植毛のように拒絶反応を起こすこともありません。
AGA治療などの薬の服用による治療と比較しても、確実に髪の毛が生えてくることも大きなメリットです。
一方デメリットとしてあげられるのは、生え揃うまで時間がかかるということ。
増毛やかつらなどは付けた瞬間から見た目は変化しますが、毛根を移植してから生えてくるまでに時間がかかってしまうという点です。
また、増毛法やかつらに比べて移植するための毛根に限りがあるということがデメリットと言えるかもしれません。