◆ 発毛の歴史

発毛についての説明

発毛についての説明発毛について説明するには、よく耳にする育毛との比較が必要でしょう。
育毛とは、今現在存在している髪の毛を育てたり抜け毛を減少させたりする事を指します。
例えば育毛剤は丈夫な髪の毛を育てる、フケやカユミを抑制する効果があります。
これに対して発毛とは抜けた髪が再び生え始める事を指します。
または人為的に再び生え始める事を促す事を示します。
例えば発毛剤は一度お休みしてしまった毛根に働きかけ、再び発毛を促すものになります。
つまり、育毛と発毛は髪の毛や頭皮などに与える作用が異なるのです。
上記の事を理解しておくと、自分が必要としているものは何かが分かってくると思います。

発毛を利用する人の年齢について

発毛を利用する人の年齢について発毛は10歳代から80歳代と幅広い年齢の方が利用されています。
また、男性・女性と言った性別を問いません。
最近は女性も悩んでいますのでよく発毛治療を行っております。
このように老若男女を問わずに沢山の方が悩みを抱えております。
その中でも多いと言えるのが中高年の世代でしょう。
どうしても若い年齢と比較すると薄毛になる方が多く若いころの毛髪量に戻したいと思っている方々が多いからです。
そして、その効果を実感する方がとても多いです。
80歳代でもあきらめる必要はありません。
また、見た目がとても若々しくなりますし、その結果精神的にも若くなります。
つまり心身共に効果があると言えるのです。

発毛に関する歴史について

発毛に関する歴史について発毛に関する歴史は長いです。
19世紀頃にはヨーロッパで発毛治療を利用していたと言う記録があるようです。
本格的に発毛に関しての研究が進んだのは20世紀になってからになります。
アメリカで脱毛の原因となる物質が発見されたと言います。
それは男性ホルモンです。
研究の結果、脱毛と男性ホルモンは因果関係があると言う結果でした。
男性に薄毛の方が多いのは、この為だと言われています。
ではなぜ、男性に薄毛が多いのでしょうか。
男性ホルモンが毛母細胞に悪い影響を与えると言われているからです。
これに対して、20世紀の後半になって発毛促進に関する有効成分が発見されました。
そして、今でも効果があると言われ利用されています。