自毛植毛とは?

最近よく聞く自毛植毛とは?

最近よく聞く自毛植毛とは?自毛植毛とは名前の通り、自分の毛を自分に植毛するという方法です。
頭皮には薄くなる部分と毛が抜けない部分があります。
自毛植毛法とは簡単に言えば、「毛が抜けない部分から毛根ごと採取し、自分自身の薄毛が気になる部分に直接移植する」という方法です。
数ある薄毛の治療方法の中でも確実に生えてくる効果的な方法であるといわれていますし、自分自身の毛髪を植毛するため自然な仕上がりになるといえます。
増毛法などは面倒なメンテナンスやランニングコストがかかり、発毛サロンなどは本当に生えてくるのかも分からないまま高い費用を払い続けなくてはいけませんが、自毛植毛はメンテナンス等も一切不要であり、その後のランニングコストも必要ないのです。
自毛植毛とは、一度植毛を行えば確実に自分自身の髪の毛が生えてくるという「最終的な薄毛解消方法」と言えるのです。

自毛植毛のメリットは?

自毛植毛のメリットは?自毛植毛は他の治療方法と違いどのようなメリットがあるのでしょうか。
自毛植毛は事前のカウンセリングで生え際のラインなどの希望のデザインを伝えることで、思い通りの生え際のラインにすることが可能です。
頭頂部が薄くなって悩んでいる人だけではなく、おでこが広いのが悩みだという人に対してもぴったりな治療方法といえます。
また、人工毛による植毛に比べ、自分自身の毛髪を使用するので拒否反応など肌のトラブルなども起こりにくいのも特徴です。
ですから人工毛による植毛で頭皮のトラブルを繰り返し、人工毛による植毛ができなくなったという人が自毛植毛による薄毛の治療に切り替えている方も多くいらっしゃるようです。
また、この自毛植毛は男性だけではなく女性でも受けることができるのです。
近年は薄毛で悩まれる女性も多く、自毛植毛による薄毛の治療を希望される女性も多く、実際に自毛植毛による薄毛の治療を受ける女性も増加しているようです。
また、自毛植毛は頭部のやけど跡や傷痕への植毛が可能なので、そうした部分へのリカバリー手術としても行われているのです。

自毛植毛の流れ

自毛植毛の流れ自毛植毛の治療はどのように行われるのでしょうか。
しっかりとしたカウンセリングを行い、希望をしっかりと伝えます。
カウンセリングの後は医師が頭皮の状態をチェックし、移植デザインをプランニングしていきます。
手術は麻酔から始まり後頭部からドナーとなる毛髪を毛包ごと採取していきます。
移植する部分はプランニングされた移植デザインに沿って丁寧に移植ホールを作っていきます。
この移植ホールは、生え揃った時の髪の毛の流れや方向などを考慮して作られるので、仕上がりがとても自然に仕上がります。
手術後はガーゼ等で患部を保護し包帯を巻いて帰宅できます。
翌日は消毒と包帯の交換のため来院しなくてはいけませんが、包帯も24時間後には取ることができます。
基本的に移植された毛髪は約6か月~10か月ほどで生えそろうといわれています。
メスを使用するのが一般的ですが、メスを使わない方法も開発され痛みや腫れが少ない方法もあります。
移植された毛髪は毛包ごと移植するので生涯にわたり毛が生え続けます。
AGA治療等であれば約1か月に1回の通院が必要ですが、こちらは数か月に一回の経過をみるのが一般的です。